手間いらず?でも美味しい!アイデア満載山本ゆりさんのsyunkonカフェごはん

主婦の人が自分の作った料理を載せている料理ブログは、14,300人ものブロガーが公開されています。
その中でナンバーワン人気は山本ゆりさん(26歳)の含み笑いのカフェごはん『SYUNKON』だそうです。
ブログをまとめたシリーズ本は累計150万部超えのヒット!

4月1日発売の「syunkonカフェごはん」

syunkonカフェごはん 3 (e-MOOK)
syunkonカフェごはん (e-MOOK)
syunkonカフェごはん 2 (e-MOOK)

人気の秘密は「手間なし絶品料理」だとのこと。
頑張らない、無理をしないのが山本さんの料理スタイルだそうです。
ひと手間かけないでも美味しくなるってこと?

4月16日のおはよう朝日でレシピがいくつか紹介されていました。
やったことがない作り方だったので、ここでも紹介したいと思います。

■豚こまステーキのスタミナ焼き(包丁なしクッキング!)
材料(二人分)
・豚のこま切れ肉     200g
・砂糖          小1
・塩コショウ       各少々
・小麦粉         大1
・サラダ油        小2
タレの材料
・しょうゆ・みりん    各大1と1/2
・酒・砂糖        各大1
・みそ          小1
・豆板醤         小1/2
・にんにくのすりおろし  小1/4
・白いりごま       少々

作り方
1.豚こま切れにくに砂糖をまぶして10分置く。
2.塩コショウ・小麦粉をまぶし、丸める。
3.丸めたら両面をフライパンで焼く。肉から出た余分な油はふきとる。
4.タレの材料を混ぜ合わせて、フライパンに投入。
5.火にかけながらタレと肉を絡めて出来上がり。

ポイント
・肉に砂糖をまぶしておくとやわらかくなる。

■もやしつくね
材料(2人分)
・鶏ひき肉       200g
・もやし        1袋
・みそ         大1と1/2
・マヨネーズ・片栗粉  各大1
・酒          大1/2
・ゴマ油        小1
・ショウガのすりおろし 小1/4

作り方
1.ボウルに材料全部を入れて混ぜる。
2.もやしは手でパキパキに折りながら混ぜる。
3.よく練って一口大の大きさにまとめる。
4.フライパンで両面焦げ目がつくように焼いたら、肉の高さの1/3の水を加えて蓋をし、蒸し焼きにする。


ポイント
マヨネーズを入れると時間がたっても固くなりにくい。
なにもつけなくてもこのまま食べられるそう。

■小松菜と油揚げ煮(電子レンジ)
材料(2人分)
・小松菜      1/2束
・油揚げ      1枚

・しょうゆ・みりん 各大1
・砂糖       小1/2
・顆粒和風だしの素 小1/4
・水        1/2

作り方
1.小松菜をざく切りする。
2.小松菜を生のまま耐熱皿に入れ、油揚げも切って乗せる。
3.調味料も全て混ぜ合わせ、小松菜と油揚げの上から回しかける。
4.ラップをかけて、レンジで3~4分加熱する。
5.荒熱がとれたら味が染みて食べごろに。

ポイント
電子レンジ調理の場合、味をしみこませるために必ず混ぜる。

■オムライス丼(ブログで人気№1)
材料(1人分)
・鶏もも肉        50g
・塩コショウ       少々
・サラダ油        適量

・トマトケチャップ     大2 
・めんつゆストレートタイプ 大1強
・ウスターソース      大1 
・砂糖           小1

・溶き卵          1個分
・水            大1

・ごはん          丼1杯分

・あればドライパセリ

作り方
1.鶏肉を食べやすい大きさに切って、塩コショウしフライパンで炒める。
2.ケチャップ・砂糖・ウスターソース・めんつゆを入れ、とろみがつくまで煮込む。
3.卵を溶いて、水を加え手混ぜる。
4.別のフライパンを熱し、卵を流し入れ半熟の薄焼き卵を作る。
5.丼にご飯をよそい、その上に卵をのせる。
6.その上に味付け下鶏肉をのせたら出来上がり。

ポイント
めんつゆを入れると、洋風の味がごはんに合う味に変わるとのこと。
卵に水(牛乳でもOK)を加えると、ふんわり仕上がる。


手間を省いていても、美味しくなるポイントをちゃんと抑えられていて、お若いのにすごいなあって感心しました!

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
くりっく365FX業者