アゴずれを治すと脳が20歳若返る!アウアウ体操で治す方法・モーニングバードアカデミヨシズミ2/11

2月11日のモーニングバード、アカデミヨシズミでは大阪大学名誉教授、丸山咬合医療センター所長の丸山剛郎先生が出演され、アゴのずれのチェック法と治し方、その効果が紹介されました。

アゴがずれていると噛み合わせが悪くなり、頭痛、肩こり、首コリなどのいろいろな症状が出てくると言います。また、眼をつぶって直立したとき、体が揺れるのはアゴがバランスを取ろうとしているからだそうです。

■アゴは体のバランサー
頭蓋骨からつりさげられた下あごは、いわばブランコのようなもの。
地面から離れた位置で自由自在に動くことで体のバランスを取っています。

■アゴがずれる要因
・頬づえ
両手で頬づえ→アゴが上にずれる。
右手で頬づえ→アゴが左にずれる。
・変則噛み(噛むとき片方しか使わない)。

■アゴのずれが原因で起こる症状
・頭痛
・肩こり、首コリ
・腰痛(背骨が曲がって腰が痛くなる)

◇なぜアゴがずれるとコリの症状がでるの?
アゴがずれると体のバランスが崩れ、頭が傾こうとし首の骨が湾曲。
これに抵抗して首回りや肩周りの筋肉が緊張し肩こりが起こります。
首回りの筋肉が緊張すると、脳につながる血管や神経を圧迫し、頭痛の原因にも。
さらに、首の骨が湾曲すると腰の骨がゆがみ、神経が圧迫されて腰痛にも。

■簡単アゴずれチェック法
用意するもの…鏡、ストロー(まっすぐでいもの)
◇左右のずれ
やり方①
IMG_0887_convert_20130211104010.jpg
首の中央に、ストローの下を置き、上は眉間の真ん中にストローを置く。
ストローの線に対してアゴが右課左かをチェックする。

やり方②
IMG_0888_convert_20130211104030.jpg
口でイーをして、上の前歯の中央が泉に対してどちらに外れているかを見る。

◇前後のずれ
アゴが小さいと後ろへずれる、アゴが大きいと前にずれる傾向。
歯を噛み合わせた状態で、
下の歯が上の歯より前または同じ位置→前ずれ。
下の歯が上の歯より5mm以上後ろ→後ろずれ。
(※極端に歯並びが悪い方には当てはまらないことがあります。)
ずれの見分け方
誰かに横から見てもらうのがベスト。1人の時は鏡を2個使ってみる。

■アゴのずれと脳の関係
脳の前頭前野の活動量。
青年と高齢者に記憶テストをすると、高齢者は脳のたくさんの部分を働かせようとしますが、青年は少ない部分で効率よく働かせる事ができます。
50歳男性の顎のずれ修正前と修正後では、脳の活動量に大きな差が出ました。
修正後は20歳若返り青年のような脳の活動量に。
IMG_0889_convert_20130211104047.jpg 

アゴずれを修正すると脳への血流が増え、脳の作業効率がアップすると先生は考えられています。

■アゴずれの治し方
本来はマウスピースを作ってもらって顎のずれを解消します。

◇アゴずれ修復 アウアウ体操
やり方
姿勢を良くして立った状態で、上下の歯が触れないようにアウアウと言いながらアゴを動かすだけ。
10~20回繰り返す。

パソコンで肩がこった時などに、立ってこれをすると楽になるそうです。
ただ、噛み込むとすぐに戻ってしまいます。

スタジオでの実験
赤江珠緒さん、左前にずれ。
右の肩を左に押すと弱い。
後ろに押すと弱い。
両手を横に上げた状態で先生が下に押したときの反発する力は50点。
後ろから両腰を掴んでみると、左の腰は固くて指が入らない。
首の後ろが硬い。

アウアウ体操後は全て改善されていて、「あれ!ほんとだ!」と驚く珠緒さんでした。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
くりっく365FX業者