美しい瞳と病気予防のための紫外線を寄せ付けないサングラスの選び方

5月から9月にかけて、紫外線B波は急上昇!(って、もう誰でも知ってるわね)
目から入る紫外線で体のメラニン色素が増えることも勉強したわ(テレビからね)
サングラスは大き目で、UVカットしてあって、色の薄いものを選ぶのが大切ってことも
もう頭に叩き込んであるわ ~

5月16日のおは朝では、目に対する紫外線の影響と対策をもっと詳しく!

日本眼科学会認定眼科専門医
前田秀高医師のお話

紫外線を浴びると目にもシミができます

紫外線を浴びて起こる目の病気
・紫外線核膜炎
 短時間で大量の紫外線を浴びることで起きる急性疾患
 通常は数日で治ります

・瞼裂斑(けんれつはん)
普通の光を当てても見えませんが、特殊な光を当てるとシミの予備軍が浮かんでみえてきます
シミの予備軍はほとんどの人が持っています

ただ、適切な対策をとらないゆっくりとおおきくなっていきます
瞼裂班
黒目と白目の横の境目あたりに黄色く濁った固まりが!
紫外線を浴び続けることによって引き起こされます

あるデータによると、
野球やソフトボールをしている中学生には瞼裂斑の兆候の見られる子どもいるとのこと
(金沢医科大学 眼科学 佐々木洋教授/ジョンソン・エンド・ジョンソン 2010年調査)

最初のうちはほとんど症状がありませんが、
大きくなってくると充血したり、目がごろごろしたり、ドライアイを訴える人も。

瞼裂斑を直す薬はなく、手術も再発をしたり充血が取れないケースが多いので、
症状が軽い場合は手術は行いませんとのこと。

・翼状片
白目

瞼裂斑の症状が進み、白目が黒目に翼状に侵入 30代以降に多い
悪性ではないものの、進行すると瞳の部分にまでかかってしまうことも
乱視が増強したり、視界が妨げられるので視力が急激に低下することもあります
ここまで進むと、手術が必要になってきます

目の紫外線対策
20~30年たって症状があらわれてくることもあるので、
若いころから予防対策を!

金沢医科大学の佐々木洋教授の実験では、
目に届く紫外線B波の量は、朝の9時と昼の2~3字がピーク!

顔をしっかりおおうつばの広い帽子とサングラスの併用で防ぎましょう!

サングラスの選び方
・紫外線透過率をチェック
 透過率の小さいものを選びましょう!
 (番組では、0.1の透過率のものが映されていました)

・レンズの色
 濃い色のサングラスは、光を取り込もうと瞳が大きく開いてしまうので、
 薄い色を選びましょう!

・サングラスのつる
 紫外線は上から降ってくるだけでなく、建物や地面からも反射するので、
 それもシャットアウトします。
  
 サングラスをかけている場合でも紫外線は顔の横から眼球に入ります。
 その紫外線は角膜や瞳によって複雑に屈折し、鼻側の一転に集中することがわかりました。
 その場所の紫外線量は、他の部分の20倍に。
 というわけで、そこの部分に瞼裂斑ができやすくなります。

 幅広のつるで横からの紫外線をカットしましょう!
imagesCAI9P1OB.jpg

メガネ店ALOOK(茶屋町店)では、メガネフレームにUVカットレンズを入れる人も増えているとのこと。
フレーム代金+3150円~

青みがかった白目が美人の条件のように言われるのを聞いたことあるわ。
白目もいつまでも美しくね!
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめtyaiました【美しい瞳と病気予防のための紫外線を寄せ付けないサングラスの選び方】
出典:best lifestyl info 5月から9月にかけて、紫外線B波は急上昇!(って、もう誰でも知ってるわね) 目から入る紫外線で体のメラニン色素が増えることも勉強したわ(テレビからね) ...
  • 2012/05/17 04:41
  • URL
くりっく365FX業者