アスパラガスのルチンで血管を丈夫に!東ちづるさん流パンでキッシュ 5/2

5月2日、モーニングバード ヘルシークリップはアスパラガス。

東京医療保険大学 客員教授 長野美根医学博士がルチンの効用を。
アスパラガスはルチンというフラボノイドの一種が豊富に含まれている。
そルチンにはコラーゲン作りを促進する働きが。

ルチン豊富な食材を摂ると、コラーゲンが細胞の間に入って血管の弾力性をアップするとのこと。
(お肌のハリもアップ!って嬉しいかも!)

血管のコラーゲンが不足すると、少しの衝撃で血管の表面が崩れてしまう。
(ぶつけた時の内出血や、ひどいときには動脈硬化につながことも)

摂取を心がけているスポーツ選手もいらっしゃるとか。

ルチンが豊富なアスパラの見分け方
オス株とメス株があり、メス株のほうがルチンやビタミンCが多い。

・穂先がしっかり締まっているほうがメス株
(穂先のガクが膨らんでなくて、ぴったりと密着感のあるもの)
・ルチンは皮の近く部分に含まれているので、細い方が含有量が多いという研究結果。

パンdeキッシュ レシピ
材料
アスパラガス   4本
食パン      2枚(パイ生地の代用)
卵        3ケ
ミニトマト    適量

豆乳       100cc(生クリームの代わり)
粉チーズ     大4(パルメザン)

バター適量(オイルでもOK)
塩胡椒適量

作り方
1.アスパラをカット、斜め切りと小口切りと2種類
(小口切りは歯ごたえしっかり、斜め切はホクホクの食感)
2.食パンの耳を取って、綿棒でのばす。
(食パンを押えて伸ばすことで、焼いたときにカリッとした食感に)
3.伸ばした小パンを6つくらいにカット(2cm角位)
4.アスパラガスをバター(オイル」)でさっと炒める
5.同じフライパンで食パンを焼く
6.ボウルで卵を泡だて器で良くといて、豆乳、粉チーズを混ぜ合わせる
7.炒めたアスパラガスを加え、塩胡椒で味を付ける
(粉チーズの塩分があるので、味見をして塩を足す)
8.小さいココット型にバター(オイル)を塗る
9.ココット型に焼いたパンを張り付けていく
10.そこへ具材を流し入れ、ミニトマトも入れ、オーブントースターで約10分焼く
(ブロッコリーでもなんでもOK)
11.表面がこんがりふっくらなれば出来上がり


余った食パンの耳は、クルトン風にしたり油で揚げて砂糖をまぶしたりと、ちづるさんの提案。
うちでは、余ったパンはミキサーにかけてパン粉にしてしまい、冷凍保存しています♪

ルチンを含む食品として、お蕎麦が良く知られています。
他にホウレンソウやなすびにも!

アスパラレシピ
リゾット風アスパラライス アスパラのアイデアレシピいろいろ 産地の奥様ごちそう様 よーいドン4/30
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
くりっく365FX業者