冷え、痛み、疑問に答えてくれる名医にQ(3/31) やがて漢方診断もコンピューターで? 

  • Day:2012.04.01 08:40
  • Cat:漢方
3月31日、名医にQでは先週から続いて漢方について。
番組に寄せられた質問の中から回答。

福澤素子先生 慶應義塾大学漢方医学センター非常勤講師 (内科、漢方医学)
光畑裕正先生 順天堂東京江東高齢者医療センター教授 (麻酔科 ペインクリニック)
水沼英樹先生 弘前大学大学院教授  (日本女性医学理事長 産科婦人科)

番組では初めに益子直美さんの報告が。
冷えを改善する漢方を処方(温経湯)してもらって
1週間くらいですが、かかとのかさかさがなくなってびっくり!

温経湯には、12種類の生薬からできており、血流を促す効果のあるものや、
保湿効果のあるもの、内臓を保護する効果のあるものなどが組み合わせられている。
配合も細かく決まっており、一つでも変えると十分な効果が得られないそう。
(甘草、桂皮、あきょう、当帰、牡丹皮、せんきゅう、呉茱萸、芍薬、半夏、麦門冬、人参、生姜)

万病のもと冷えには?
◆36歳女性
・冷えとむくみ
・体が続々して防寒しても改善しない
・よい漢方薬があるか?

福澤先生
体の状態を十分に探らないと処方も決まらない。
全身くまなく診察し、詳しく話を聞いてその人に合った処方を決めていく。
非常に冷えが強い場合、当帰四逆加呉茱萸生姜湯など

光畑先生
冷えに処方する漢方
体全体 当帰四逆加呉茱萸生姜湯
寒気  麻黄附子細辛湯     お年寄りでなんだか寒いという人に良かった。
下半身 りょうきょうじゅつ甘湯

体を温めることによって機能を上げてあげると、痛みもある程度治まってくる。

水沼先生
西洋医学のでは、冷えは疾患としてはとらえていない、
別の疾患の兆候としてとらえる場合がある。
トータルの熱の産生が下がっている、
中枢で熱が作られても抹消まで届かない場合冷えとしてとらえる。
     
冷えを起こす病気
抹消動脈閉そく症
甲状腺機能低下症
膠原病
      
◆53歳女性
・閉経してから冷えを強く感じる(寝るとき足先から腰あたり冷えて眠れない)
・イライラしたり気分が落ち込むこともある
・よい漢方薬は?

福澤先生
漢方では冷えと精神面、両面から治療できる。
冷えとイライラ→加味逍遥散
冷えが強い→当帰四逆加呉茱萸生姜湯、当帰芍薬散なども

ずっと漢方を続けていると、閉経時の症状が軽く済むこともあるので、早めに準備するとよいのではとのこと。

光畑先生 高齢の方には温度を上げてあげると元気になる。
       
水沼先生
更年期症状の一つとして訴えはあるが、
冷え単独の訴えになるとホルモン剤ではあまり効果がないことがある。
エストロゲン不足による顔面紅潮(カーっと熱くなりその後冷えてくる)には、
ホルモン補充療法は極めて有効。

エストロゲンが減ってくると、骨粗しょう症、動脈硬化症、
更年期症状(ほてり、発汗、不眠)
高齢者は泌尿生殖器系の萎縮などが起こってくる。

ホルモン補充療法に期待される効果
・更年期症状の緩和
・骨吸収抑制、骨折予防
・糖、脂質代謝改善
・血管機能の改善
・中枢神経機能維持
・皮膚萎縮予防
・泌尿生殖器症状改善
・大腸がんの予防

◆55歳男性
・H6年、腰椎の手術
・その後も痛みが続き硬膜外ブロック、医療用麻薬、
 神経性疼痛緩和薬、睡眠薬、抗鬱剤などを使用するが効き目が感じられない
・加齢とともに毎日がつらい

光畑先生
仙腸関節の炎症が腰痛の原因である場合も最近言われている。
ここにブロック注射をして痛みをとり且つ、
関節面の血の巡りの悪さを解消するため治打撲一方を処方することも多い。

慢性痛は痛みだけに注目してもなかなか治りにくい。
長い痛みには気持ちもおかしくなることがあるので、
気を動かす薬(抑肝散、四逆散、半夏厚朴湯、香蘇散)を。
のどが詰まった感じがするときには、半夏厚朴湯で痛みが和らいだりすることも。

体の中トータルで見て、その中の一部分で漢方を処方して
且つ西洋医学を使っていく方法がよいのでは。

福澤先生 腎虚(加齢に伴い出てくる全身の機能低下)に、八味地黄丸、牛車腎気丸などが処方の候補に。

◆78歳女性
・10年ほど前から膝の痛み
・変形性ひざ関節症で会談の昇り降りが難しくなりだんだんO脚になってきた
・夜、膝の内側がずきずき痛む

光畑先生
まず専門医のところで程度を判断する。
手術、リハビリ(大腿四頭筋をを強めることによっても膝の痛みを改善)、
ヒアルロン酸を膝の中に入れたり、西洋の薬を使ったりするか判断。
       
光畑先生が関節痛に処方する漢方
 腫れ   越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)
 下半身  りょうきょじゅつかんとう
 冷たい  桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)
 むくみ  よくいにんとう
 雨の前に痛む まきょうよくかんとう

福澤先生
水はけを良くする薬を使うことが多い
 桂枝加朮附湯(冷えのある人に)
 防已黄耆湯(中くらいの体質、むくみ、肥満にきく)
 越婢加朮湯(体力があって熱を持っている)
 真武湯

◆76歳男性 
・妻が長年帯状疱疹後神経痛
・一生治らないと言いながら苦しんでいる

光畑先生
水ぼうそうのウイルスが神経の根本におり、免疫が落ちたとき(疲れたりたりして)に暴れ出すのが帯状疱疹。(神経の中をウイルスが伝わってきて皮膚にきて水ぶくれ)
お乳の下、三叉神経第1枝(目の上の痛み)に多く、普通はひと月くらいで治るが、半年以上たっても治らないと帯状疱疹後神経痛と診断。
アロデニア、55歳以上が危険因子。
 
ペインクリニックでは交感神経ブロック。
血流を広げる(お風呂に入った状態を常に作る)ことによって、損傷した神経に
酸素を与え回復させる。
       
漢方と西洋医学を併用
痛みに過敏 抑肝散
胸に症状  四逆散合香蘇散
悪寒・倦怠 まおうぶしさいしんとう
など症状に合わせてつかう。

福澤先生 漢方では水毒と考える。
桂枝加朮附湯、越婢加朮湯、真武湯など処方。
なるべく早く漢方治療も始めると良い。

◆60歳女性
・娘が毎月月経痛で寝込む
・精神的にも落ち込む

水沼先生 月経困難症、なぜ月経の時に痛いか?
1.器質性(子宮内膜症、子宮筋腫だとかの疾患)
2.機能性(明らかな原因が見つからない)
 子宮が過度に収縮する、収縮させるような物質がつくられるため痛みが。

低容量のピルを用いるのが第一の治療法で非常によく効く。
 生理の量も少なくなる
 周期が安定
 他、たくさんの効用
子宮収縮に有効な漢方薬をもちいることもある。

福澤先生 血流が悪いことを原因として考える。
お血改善の処方
 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(冷えがひどい場合)
 当帰芍薬散(めまい、むくみ)
 桂枝茯苓丸
 加味逍遥散(落ち込み、イライラなど精神症状のある場合)

コンピューターで漢方診断を!?
 慶應義塾大学病院 漢方医学センター
 システムの開発に取り組んでいるのは、渡辺賢治准教授

コンピューター診断を冷えに悩む女性が体験(データ解析 東京大学医科学研究所のグループ)
 148項目もの質問に、患者さんが自分で答えていく。
 今回、質問の入力は10分程度かかった。

渡邉先生の診察
 虚実  中間
 寒熱  (上熱)下寒
 気血水 気うつ(気が巡らないために不眠等の症状が)

コンピューター診断
 虚実  61.8で中間
 寒熱  寒22.6% 熱21.4% 上熱下寒56.0%で上熱下寒
 気血水 現在診断プログラムを構築中

患者さんが入力した症状の情報と、漢方の専門医が診断下情報が約25000件のデータが蓄積されており、両方のデータを突き合わせて解析することにより精度の高い診断が可能になる。

さらに、このシステムをモバイル機器で使う試みも始まった。
日々の体調の変化を入力していくことで、より性格那診断が可能に。

渡辺先生 一人一人薬が違うのが漢方の特徴。
漢方の特徴を生かした科学的根拠を作るために開発した。
このシステムが活用され、より多くの医師が漢方になじみを持ち、
広がることで、患者さんがより良い治療を受けられることを期待している。

こんな症状には?福澤先生、一問一答
Q)簡保薬の副作用・アレルギーは?
A)稀にはある。(甘草、麻黄、大黄は影響を与えやすい生薬)
 
Q)妊娠中や授乳中に漢方は大丈夫?
A)原則は大丈夫だが、必要最小限の量で、授乳時間と服用時間を離す。
  流産防止の漢方もあるし、葛根湯は乳汁分泌をよくする。

Q)服用に適した時間帯は?
A)もとせんじ薬なので、温かい状態で空腹時に飲むのが原則。
  食前でも食間でも、就寝前に落ち着くために飲むことも。
  もたれやすい生薬の場合には食後の場合も。

Q)子供でも飲みやすい漢方薬は?
A)3歳児の皮膚の乾燥、アレルギーには黄ぎ建中湯(おうぎけんちゅうとう)がおススメ、
  体質改善になって、皮膚も丈夫にし、アレルギー症状も改善。
  飴が入っているので、子供にも飲みやすい。

  12歳、おなかが痛い頭痛がするには、虚弱体質の改善に効果的な小建中湯がおすすめ
  飴が入っていて甘くて飲みやすい。

Q)雷のようにお腹がなる
A)腹中雷鳴には半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)胃がもたれる、下痢がある等にも。

Q)一年中風邪をひきやすい、免疫力を高めるには?
A)補中益気湯(ほちゅうえっきとう)胃腸を丈夫にし気を増す。
  十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)
  (柴胡桂枝湯、柴胡桂枝乾姜湯など柴胡をふくむものは免疫力アップ)
  
Q)原因不明のふわふわしためまいには?
A)真武湯がおすすめ(冷え症で下痢もしやすい人)
    半夏白朮天麻湯(胃腸の弱い人)、苓桂朮甘湯(のぼせ、頭痛のある人)

Q)じんましんがひどく、イライラ疲れもひどい
A)ぶつぶつした湿疹には、十味敗毒湯
  蚊に刺されたような盛り上がるようなじんましんには、いんちんごれいさん、越婢加朮湯。

漢方も万能ではないので、西洋医学的な診断もして、適している治療をとのこと。

過去記事 名医にQ(3/24 漢方)
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
くりっく365FX業者